川崎ファンスプリング音楽学院Guitar科(ギター科)講師紹介です。
ロック、ブルースギターからジャズ、フュージョンギターまで、初心者の方から、プロ志向、音大受験の方まで、完全個人レッスンで指導させて頂いております。
憧れのギター奏法から即興演奏、アドリブといったインプロヴィゼーションまで、幅広く指導させて頂いております。


金子 太郎(Taro Kaneko)講師 第1/3週目月曜日、第2/4週目日曜日担当

インプロビゼーション(即興演奏・アドリブ)には非常に多くの要素が必要とされますね。
その要素のほとんどは、理論書や教則本、ビデオなどで知ることができます。あとは楽器を扱う技術があれば、要素はほぼ整ったと言ってもよいでしょう。
例えば、ジャズなどを演奏するプレーヤーは、それらの要素を習得しています。
しかし、理論はある程度知っている、スケールもフレーズも弾ける、なのにインプロビゼーションが出来ないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか・・・。
でも、安心してください♪それは即興的な音楽を志す者のほとんどがかかえる悩みですし、自分自身も一番苦労し、悩んだ事です。ですが、その問題を克服していく事が最も重要です。
とても困難で根気がいる事だと思いますが、その先で得られた能力は大変価値のあるものだと思います!
インプロビゼーションのすばらしさを実感するために一緒にがんばりましょう!!

<主なカリキュラム>
・ギターを始めるにあたって必要な事、機材等
・7ポジションでのすべてのKeyのメジャースケール
・指定されたポジションでの簡単なサイトリーディング
・あるコンセプトをもってオリジナルコードを作る
・ブロークンコード、スウィープなどのテクニック
・リディアンクロマチックコンセプトの紹介
・基本的なオープンコード、最下音にRootを持つトライアード
・スケール(ペンタトニック、オルタード、ハーモニックマイナー)
・ハンマリング、プリング、チョーキング、エコノミーピッキング
・7つのモードでそれぞれの色彩感の把握 
・インサイドでのU.S.Tを使ったアプローチ
・イメージとそこからうまれる心理的影響について考える

<プロフィール>
1971年9月8日生まれ。 メイト音楽学院に入学し北川拓氏に師事。実践的な内容の理論やテクニック、さらに作曲・編曲を学ぶ。
ジャズ・フュージョンを中心にトリオで活動を開始。 
インプロヴィゼーションを行うのに必要なカリキュラムやギタリストの為のテキストを作成。
MICHI音楽学院やKATAYAMA音楽教室など、多数の音楽学校での活動を盛んに行う。
趣味は半島巡り、カメラ、野球、サーフィン。
Bloodtype:A

金子太郎講師クラスの佐藤和也さんのレッスンレポートです。
ご参考下さい。

志田 翼(Tubasa Shida)講師 木曜日担当

ギターという楽器は、飾って良し、構えて良し、研究して良し!なんならエアーでもホウキでも良し!笑
何をしてもとても楽しいものです。
その中でも、楽器を自在に操り、音楽仲間と音のコミュニケーションをとれたら…
そしてそれを見ていたお客さんが拍手してくれたら…最高です!
そのための準備や努力、研究は、色々なものを教えてくれます。
20年弾いて、毎日新しい発見がありつつも、気持ちはホウキをギターに見立てていたあの日と同じです。
一緒に身近に音楽のある人生にしましょう♪

<主なカリキュラム>
・ギターとその周辺機器の紹介、準備  
・基本的なコードと伴奏方法
・ギターのテクニック(ハンマリング・オン、プリング・オフ、チョーキング(ベンド)、ハーモニクス、タッピング、スウィープetc.
・色々なジャンルの演奏方法 
・スタンダードと呼ばれる曲を演奏してみる
・音楽理論について
楽譜の知識、音楽の基礎  / コードの成り立ち、ボイシング、スケールとの関係
コードの機能とコード進行 / モードと色々なスケールの紹介 / 相対音感と作曲
・即興演奏について
ブルースの紹介、演奏、研究
スケール(メジャースケール、マイナースケール、オルタードスケール、ディミニッシュスケール、その他各スケール)
フレーズ(II-V進行でのアプローチ、分散和音、ペンタトニック、アウトするフレーズ)
コード(代理コード、コード進行のリハモナイズ、UST)
モード(7つのモードによる色彩感覚とトーナルへの応用)
・DTMの基礎
DTMに必要なものの紹介 / MIDIの扱い / 打ち込みの基礎知識
色々な楽器の周波数 / 各種エフェクトのパラメータ、使い方
録音したものの編集と共有

<プロフィール>
10歳の時、小学校の教室に置いてあったのをきっかけに、アコースティックギターを始める。
偶然にも自宅にもギターがあり、自宅、学校と、ギター三昧の日々が始まる。
すぐに邦楽、洋楽問わず、ロックに影響され、エレキギターを手にする。
高校生の頃より、自身のバンド、サポート活動などでライブハウスなどに出演し始め、2006年頃より、ジャズ、ブルース、フュージョン等に興味を持ち始め、金子太郎氏に師事。
現在、神奈川、東京を中心に自身のバンド、アーティストサポート、セッション等で活動中。
志田翼講師クラスの新山毅さんのレッスンレポートです。
ご参考下さい。
永瀬 晋(Susumu Nagase)講師 毎月第2/4週目土曜日担当

何か新しいものに挑戦するときはいつも壁が立ちはだかりますよね。困ったことに・・・ 
壁を越えるのは非常に厄介ですが、一人で悩むよりも二人で悩んだほうが越えるアイデアは多様なはずです。
それこそ、よじ登るもよし、飛び越えるもよし、壊すもよし・・・ 個人的には壊すのが好きですが(笑)
是非一緒に壁のおもしろい突破方法考えていきましょう!

<主なカリキュラム>
・ポップス、ロック、ジャズなどのリズムアプローチ
・弾き語りで使われる伴奏パターン
・歌いながら弾く練習
・様々なジャンルのスタンダード曲研究
・U-X-T、循環コードのアプローチ研究
・ギャロッピングを使用したソロギター奏法研究
・オルタネイト、スウィープを使用した高速ピッキングトレーニング
・コード進行に反応するインプロヴァイズアプローチ
・モーダルなインプロヴァイズアプローチ
・ファンク系16Beatカッティングのバッキング、ソロ構成術
・カントリー系変形ミクソリディアンのフレーズ構成術
・ペンタトニック、ダイアトニックスケールを使用したトレーニング

<プロフィール>
16歳の頃にジミヘンドリックスのライブビデオに衝撃を受けギターを手にする。
ロック系アプローチを独自で習得しながら、ジャズギターを菊地晃氏、アコースティックブルースギタースタイルを打田十紀夫氏に学ぶ。
ロックを軸に、ジャズ、カントリー、ファンク等様々なフィールドで活動中 現在ソロ、ギターデュオ「ナガタク」、テンペストスタジオギタリストとして活動中。
・2008年頃ギターデュオ「ナガタク」結成 ・2012年ファーストミニアルバム「ナガタク」をNGTKコーズ、サインポールレコーズより発売。
・2012年夏、NHKラジオ、で特集が組まれアルバム全曲放送されるなど好評を得る。
・2013年春、アコースティックギターマガジンでアルバムが紹介される。
・2013年11月、Tvk「ありがとっ」出演 ・ファーストCDが雑誌などメディアに取り上げられ好評を得る。
主な参加作品 ナガタク 1st ミニアルバム 「ナガタク」
2013年 ・1st アルバム 「Head and Heart」
2015年 テンペストスタジオギタリストとして参加 ・龍が如く0 BGM参加
2015年 ・戦国無双4~永遠の絆~ / ・『遙かなる時空の中で6 黒キ万華鏡(カレイドスコープ) 
〜其ノ一〜』 等など
Play with Tommy Emmanuel , Jordan?McConnell , Ohyama “B.M.W” Wataru(PE’Z) ,?大竹創作
(乙三.)
・現在「ナガタク」、永瀬晋名義ソロライブや、サポート活動中
・Souleave Music School(ソウリーヴ・ミュージック・スクール)代表
永瀬晋講師クラスの菊池啓平さんのレッスンレポートです。
ご参考下さい。

top   course   lesson   lecturer