川崎ファンスプリング音楽学院、沿革です。

当学院は、1989年のメイト音楽学院川崎校の開校、2013年の川崎ファンスプリング音楽学院の独立開校を通じて、JR京浜東北線、東海道線、南武線、京浜急行、と通勤通学にアクセス便利なJR川崎駅より徒歩5分程の場所にて、地元に密着した音楽教育機関として愛されて参りました。
リペア部門の開設、視覚障害の方、発達障害の方、また車椅子の方にも、音楽による豊かな生涯を楽しんで頂く事を目的としました生涯音楽科の開設、と合わせまして今後とも更なる音楽教育機関としての充実を目指して参りたいと考えております。

1977年5月、河井卓、バークリー音楽大学を卒業。現地での演奏活動の後、同年12月よりアメリカより帰国。
1978年4月、東京都江戸川区西小岩に、河井音楽教室として開設。留学生の育成に力を注ぐ。
1979年4月、メイト音楽院と改称し、専門音楽教育機関となる。
1981年6月、東京都江戸川区南小岩に移転。
1984年1月、メイト音楽学院に改称。設備、組織体制を強化。
1984年4月、東京都中野区東中野に東中野校を開校。
1986年3月、東中野校を豊島区東長崎に移転し、豊島校と改称。
1989年4月、神奈川県川崎市幸区に川崎校を開校。
2013年3月、川崎校がメイト音楽学院より独立。川崎ファンスプリング音楽学院と改称。
2015年6月、専属のリペアマンによるリペア部門を開設。
2016年8月、2013年に制定された障害者差別解消法に基づき、生涯音楽科を開設。



top   course   lesson   lecturer